吃音障害の治療方法

催眠療法

吃音障害の治療法の一つに催眠療法があります。吃音障害が悪化する要因としてよくあるのが、本人の劣等感です。例えば、一般の人であっても特別な場面(プレゼンなど)では、「上手く話せないかもしれない」と緊張し、噛んでしまったりということも少なくないでしょう。そういった緊張が、通常の会話でも常に付き纏う状態に陥ってしまえば、当然、症状が悪化したり、話すこと自体に躊躇してしまうことになるのです。

 

催眠療法では、無意識化してしまった「吃音」という劣等感を軽減し、それによって話すことへの恐怖感や緊張感を軽減するのです。ただし、トラウマのように過去の意識を蘇らせてしまう場合もありますので、性格や症状、様子などをきっちり確認の上、行う必要があります。

 

参考サイト 井坂京子 どもり改善法

吃音矯正法

もうひとつの吃音障害の治療法に訓練をするという方法があります。話すことに慣れ、緊張や不安を取り除くことに加え、どもりが目立たないように話す練習をするというものです。合唱効果で、吃音の人も、周囲と合わせて歌うという場合には
詰まらずに発せることも知られています。吃音障害の治療法に歌を取り入れるなど、周りと合わせて言葉を出す訓練によって、通常の会話も改善される可能性があるのです。