吃音の原因と改善法

吃音の原因は幼少期にある?

吃音の原因は、従来はメンタル的な緊張や不安にあると考えられてきました。

 

しかし、吃音に関しての研究がだんだん進んでくるにつれて、少しずつその仕組みが脳の科学的な研究によって分かってきました。

 

吃音の症状が出ている際の脳は、過剰にドーパミンが分泌されていると言われています。

 

吃音は、脳の機能障害という見方もあり、約3分の1の患者はてんかん治療やセロトニン投与で治ると言われています。

 

脳の機能レベルや脳の神経のどのような箇所がどのくらい不全になっているかによって、いろいろな患者のタイプに分けられています。

 

吃音の原因は、少なからず遺伝も関係しているそうですが、それだけが必ずしも原因ということではありません。

 

幼い時の適切でない言語環境やストレスなどいろいろな要因が重なって、吃音の症状が引き起こされると指摘されています。

 

吃音の症状は、ほとんど幼い時に見られます。

 

この原因は、幼い時には、はっきりと言語機能の役目を担う脳の領域がまだ分かれていないためです。

 

吃音の原因のほとんどは、この幼い時期に起因しています。

 

両親や周りの人の対応によって、吃音の症状がこの幼い時に根付くかどうかが大きく影響されます。

 

幼い子供の吃音は、自分の症状をまだ自覚しておらず、治すために叱ろうとするとかえって罪悪・恐怖感となってしまいます。

 

幼い子供は吃音の症状の遺伝子を潜在的に持っていても、生活する環境によって症状が現れるかどうかというのは大きく違ってくるのです。

 

中村しょうという方が吃音の悩みを持つ人のために吃音改善プログラムを公開しています。

 

なぜ、中村しょうは吃音の人を救おうとしているのでしょうか。

 

彼は決してボランティアでやっているわけではありません。

 

以前、中村しょうも吃音の悩みを抱えていたという理由もありますし、事業として吃音改善プログラムを販売しているということもあります。

 

この吃音改善法は、MRM吃音改善プログラムという名前です。

 

どもり症で悩んでいる方は、必見の内容ではないでしょうか。

 

どもりの原因を根本から解決したい人には、中村しょうの改善プログラムがお勧めになります。