どもりの症状は?

吃音障害の症状について

吃音障害の症状には語音の反復や音声のつまり(会話の途中ではなく、単語の途中が多い)言葉を不自然な場所で延ばす、最初の音が出ないなど、スムーズな会話ができない状態があげられます。吃音障害では、うまく話せないことに劣等感があるなど、いじめなどの対象となる可能性があり、うつ症状を伴うことも多くなります。吃音障害の症状は他にも、音韻障害、表出性言語障害、受容表出混合性言語障害、注意欠陥などを伴うこともあります。

 

言葉が出難いということによって、大きく手を動かす、足踏みをする、目を閉じる、周囲をきょろきょろするなど落ち着きがない行動をとることがあります。これはごまかそうとするなど意識をしての行動ではなく、神経を集中させ言葉を出やすくする為に無意識にとっている行動です。

幼児の吃音障害の症状について

幼児の吃音障害の症状は、一過性の場合が多い為、できるだけ本人に劣等感や吃音という意識をさせないことで自然治癒は大いに期待ができますので、周りが神経質にならないことも大切なことです。