小児の吃音障害

幼児でも吃音障害になるのか

幼児の吃音は、5%程の割合で、2〜5歳までの発症が多いようです。環境や脳の発達が不十分であることなどが原因の一部であるといわれていますが、はっきりとはしていません。幼時期の吃音は自然治癒する可能性が高く、気にする必要はないといわれていますが、周囲の大人が神経質になり誤った対応をすると悪化させてしまうこともあります。

 

「早く治しておかなければ、小学校に入ったらいじめられるのでは」といった不安などから、焦って神経質になってしまうことも少なくありませんが、幼児の吃音は、親が神経質になることによって、本人も焦り、「自分に問題がある」という劣等感を持ってしまいます。

 

一度劣等感を持ってしまうと、頭にインプットされてしまい、会話に焦り、嫌悪感、恐怖感、緊張感などを感じるようになり、意識さえしていなければ自然治癒、あるいは軽度で済んでいたものが悪化してしまうことも考えられるのです。幼児にとって親は絶対的な存在ですので、その親が温かく見守り、自然に受け入れてあげることが重要なのです。