あがり症を改善するために

あがり症と深呼吸

あがり症になると心拍数が上がってきますから、あまりあがり過ぎないようにする事も考えなければ行けません。あがりそうな場面では、まず緊張感をほぐす為にも深呼吸するのも方法です。深呼吸をするとリラックス効果も得られますから、深呼吸をしないであがりそうな場面にいくよりも症状を軽減する事も出来るでしょう。

 

あがり症の症状が出てきそうな場面では、腕を振るのが難しければ、呼吸だけでも深呼吸して整えて行くのも方法です。あがり症は、心拍数が上がることで起きてくる症状でもありますから、その症状を抑えていくには心拍数を低くなるような方法を取る必要が出て来ます。

 

その一つの方法として深呼吸で、吸ったり吐いたりする事で、心拍数を抑える効果も期待できます。また、トランス症状を作って自己暗示をかけるのも方法です。深呼吸することがリラックスする事だという事を身体に覚えさせておけば、あがり症の症状が出てきても深呼吸する事で抑えられるという方法です。より効果を出すには大勢の前で緊張してしまうのであれば、大勢の人をかぼちゃに見立てて、かぼちゃに話しているのだから大丈夫と暗示してしまうのも良いでしょう。

 

また、深呼吸する時に、大丈夫だと心で言いながら落ち着かせる事や失敗しても大丈夫だと思ったり、さらに何とかなると前向きに考える事も大切です。まずは、落ち着かせる事を考えるようにしてリラックスするようにしましょう。呼吸をする場合は、鼻から息を吸い口から吐く方法で、一般的には腹式呼吸と言われている方法が良いとされています。

 

最近では、あがり症の克服法を西村順や金井英之といった人物がインターネットで公開していますね。DVDのコンテンツやあがり症克服セミナーなどがあるようです。あがり症を克服したい方は、西村順や金井英之について調べてみるといいでしょう。

 

あがり症は薬を飲んで治る症状ではないので、克服法や改善法といった手法が有効であると考えられます。薬を飲んで症状を抑えることはできますが、根本的な治療とは言えません。ようするに、一時的に症状を抑えるだけで、治ってないのですから。西村順や金井英之といった実績のある方の手法を活用したほうがいいのではないかと思います。