どもりの原因は?

吃音障害の原因は何か?

吃音障害はどもりとも呼ばれ、言語障害の一つです。吃音障害の原因はいまだにはっきりとは解明されておらず、女性よりも男性の方が発症率は高いとされています。そこで考えられている吃音障害の原因は、女性は胸式呼吸に切り替わるのに対し、男性は複式呼吸であること、また女性の方が機能の発育が早い為など、「おそらく」といった程度の理由です。

 

3〜4歳の幼時期に発症することが多いとされていますが、その半数以上は自然治癒するといわれています。吃音障害において状態が悪化する原因には、周囲の環境が影響していると考えられています。例えば、幼時期などに話し始めた頃に吃音障害が分かった場合に、周りの大人が注意をしたり、友達からかったりと、本人が吃音であることを意識してしまい、緊張や劣等感から話せなくなってしまうことが吃音障害の原因となるということです。

 

通常の人は、面接や発表などでない限り、頭の中できっちりと考えてから読み上げることはありませんが、吃音障害の人の多くが声を出すことよりも頭(話す言葉)に集中してしまい、尚更うまく話せなくなることがあるようです。

 

中村しょうという人が吃音の治療法をインターネットで公開しています。中村しょう自身も吃音に悩んでいたことがあり、いまでは改善しており、症状はないようです。吃音に悩んでいる方は、中村しょうの吃音改善法を試してみるのもいいと思います。